1. ホーム
  2. 象印ベビーについて
  3. 沿革

会社沿革

1930年

大阪市浪速区にて、創業者宮城卯三郎が乳母車の製造を開始。

1941年

大阪市東住吉区に工場を移転。

1945年

戦後の混乱のため、工場を閉鎖。

1949年

大阪市東成区にて、乳母車の製造を再開

1953年

資本金50万円で、株式会社ミヤギ工業所を設立し、宮城卯三郎が初代代表取締役就任。

1964年

全国販売展開の拠点として東京都江東区に東京営業所を開設。

1969年

2代目代表取締役に宮城猛が就任。

1970年

東大阪市に業界唯一のプレス加工および自動メッキ設備を備えたベビーカー一貫生産工場を建設し、本社工場を移転。

1971年

社名を象印ベビー株式会社に変更。

1973年

本社工場に隣接する土地建物を購入し、工場を拡張。

1980年

資本金を6,000万円に増資。

1980年

業界の発展に対する功労として、宮城卯三郎が勲五等瑞宝賞を受ける。

1997年

3代目代表取締役に宮城潔が就任。

1999年

業界初、新商品ウィズワンがグッドデザイン賞を受賞。

2000年

創業70周年を迎える。

ヘルシーワンキャンシットにて、業界初2年連続グッドデザイン賞受賞。

2005年

本社工場を全面改装。

2006年

東京営業所改築。

2010年

創業80周年を迎える。