プラスワン 役員紹介

これからも驚きと感動を

たくさんの人々と一緒に製品を開発しています。色々な意見を聞きながら試行錯誤を繰り返し、何度もサンプルを作って製品が完成します。2年、3年と時間を費やしても、途中で開発を中止することもあります。だから、できあがった時は嬉しいです。この一瞬がデザイナー冥利につきる瞬間です。 私はデザインとは綺麗で人の気持ちを楽しくさせるモノを創る事だと考えています。25年も昔にピンクやストライプのベビーカー、10年前にはヒョウ柄のシルバーカー、最近では紫のフレームに花柄の可愛いシルバーカー等をデザインしました。今後も、お客様が楽しくてウキウキしそうなモノを創っていきたいと思います。

  • 代表取締役 宮城 潔  〈Kiyoshi Miyagi〉
  • 代表取締役 宮城 潔  〈Kiyoshi Miyagi〉

    PROFILE
    1959年12月18日生

    武蔵野美術短期大学・商業デザイン科を卒業後、象印ベビー株式会社に入社。1年間東京営業所に勤務した後、大阪本社工場では生産管理業務および製品の開発デザインを担当する。1989年取締役、1997年代表取締役に就任し現在に至る。

そろそろ次のステージへ!

前職は、今で言うフリーターをやっとりました。この会社も最初はアルバイトで入ったんですが、結婚を機に入社したっちゅう感じです。アルバイト、正社員を通して、ベビーカー、シルバーカーの生産や出荷、その他業務を経て、現在に至ってます。現在は、主に生産や営業の補佐、海外生産指導などで動いとります。
うちの商品を使っていただく事により、行動範囲が広がり、寝たきりにならない元気なお年寄りが増えたらえぇなぁとは、思て仕事しとります。今後は、会社として次のステップに上がらんとアカンのですが、何をどうするかは、企業秘密なんで内緒にしときます。

  • 常務取締役 松原 悟  〈Satoru Matsubara〉
  • 常務取締役 松原 悟  〈Satoru Matsubara〉

    PROFILE
    1958年10月25日生

    象印ベビー株式会社に入社、国内生産業務、国内生産管理・海外生産管理業務を経た後、生産部長、取締役、1993年取締役、2011年常務取締役に就任し現在に至る。

もっと品質の良い物を届けたい

現在は品質管理を担当しています。うちでは小さな部品の組み立てから、最終のラインの組み立てまで一貫生産しています。創業以来ずっと経営陣の目の届くところで作っているんですよ。日本中でおそらく、うちだけだと思います。
それが製品の品質向上や新規商品開発における技術の蓄積になってるんじゃないかなと感じますね。品質管理に携わっているからこそ、電話やアンケートカードなどでエンドユーザーから喜びの声を聞いた時は、この仕事をしていて良かったと思うし、素直に嬉しいです。
これからも、その維持管理と製品の品質管理の向上に努めていきますよ!もっともっと品質も上げていきたいですしね。
あと将来的には、世界規模で販売できればええなぁと思いますね。

  • 取締役 吉川 英三郎  〈Eizaburo Yoshikawa〉
  • 取締役 吉川 英三郎  〈Eizaburo Yoshikawa〉

    PROFILE
    1966年2月19日生

    【品質管理担当】
    象印ベビー株式会社へ入社、国内生産管理・品質管理業務を経た後、2010年取締役生産部長に就任。現在は本社工場生産管理責任者であるとともに、海外調達品を含む全製品の品質管理責任者である。

日常になじむ物作りを目指して

前の会社を退社した後、社長に「一緒に製品を作らないか」と誘ってもらったのがきっかけです。以来、製品開発全般を担当しています。私はどんな年齢層の人でもごく自然に使えるような物を作りたいと思って開発しているので、街中で普通の生活を送っている人達がうちのシルバーカーを使ってお出かけしている姿を見かけた時は、やっぱり嬉しいですよ。ついつい他にもいないか探してしまいます。今、シルバーカーもそれを使う高齢者も過渡期に差し掛かっていると思います。
だからこそ今後は、今まで以上に従来型の物や考え方にとらわれないアイデアを具体化していかないと、と思っています。

  • デザイナー 田中 忍  〈Shinobu Tanaka〉
  • デザイナー 田中 忍  〈Shinobu Tanaka〉

    PROFILE
    1959年8月15日生

    【開発・デザイン担当】
    京都市立芸術大学・デザイン科プロダクトデザイン専攻を卒業後、日立製作所・デザイン研究所に勤務した後、象印ベビー株式会社の顧問デザイナーとなり現在に至る。

TOPへ→